ysdyt.net

Aiming at the boundary between digital and analog

フォントかるた大会に参加してきた

2017/05/19 ysdyt 1 Comment

Pocket

会場に着くやいなや、「ゴシック殺すマンの人ですか?」と聞かれた。恥ずかしい。死にたい。

前回のエントリーの最後に書いたとおり、ツイッターで呟いたフォントカルタマシンの動画が「フォントかるた」と「印刷博物館」の”中の人”に見つかり、なんのかんので両者が主催するフォントかるた大会(5/14開催)に参加することになったので参加レポ。フォントかるたの製作者の方に会ってみたい気持ちもあったのでちょうど良い機会ではあった。

会場の様子。大会は印刷博物館の一角で行われた。

ちなみに印刷博物館は国立の博物館ではなく、凸版印刷株式会社が設立・運営する博物館。博物館は自社ビルの一階部分にある(かなり広い)。凸版印刷は国内では大日本印刷と並び2強の総合印刷会社であり、飯田橋あたりにある本社ビルはさすがに半端なくデカかった。博物館は300円で見学できるのだけど、印刷に関する歴史や歴代の印刷機やその仕組みなど、びっくりするぐらい情報量が多く、ぐるっと見学したがかなり興味深かったのでオススメです。

 

袴を着ているのが「フォントかるた」製作者の方々。なんと複数人だった。普段はデザイン関係のお仕事(?)をされているらしい。ちなみにフォントかるたは会社とは関係の無い趣味の活動だそう。素敵。

参加者は最年少が小学6年生で、その他20代前半くらいの人達、その他もう少し年齢が上の方々と言った感じで、割とバラバラな年代感だった。大会は一日に二回行われておいたそうで、自分が参加した後半回の参加者は全体で20人ほど。

当日はフォントかるた製作中の人達からフォントの見極め方の簡単なレクチャーを受けた後にさっそく競技が行われ、予選・決勝合わせて一時間ほどで終了した。

優勝したのは素人のフォントマニアと自称する男性で、同点2位(じゃんけんで最終的に勝敗が決した)は小学6年生の男の子。この男の子の母親がフォントかるた製作メンバーのお一人なので、英才教育の賜物っぽい。将来が心配である(褒め言葉)

 

見分けるのが難しいフォントたち

製作者の人達でも見極めるのが難しいフォントとして以下の3つが紹介されていた。つまりこれを我々のモデルで識別できれば勝った感がある。

特に1位のゴシック三兄弟がエグいらしい。作った人達でさえ3つを真横に並べてじっくり見比べてようやくわかる程の難易度。かるた競技の環境のように別々の位置に向きも揃わず置かれていれば見分けがつかないらしい。

なぜか?

上の3枚が「フォントかるた」に収録されている48種類のフォントのうちの識別難易度第1位の「ゴシック三兄弟」なのだが、実は3つとも同じデザイナーが製作しているらしい。なので、3つとも同じ哲学によってデザインされておりそもそも見分けがつきにくいそう。

一番左から、「ヒラギノ角ゴ W7」「こぶりなゴシック W6」「游ゴシック体 B」。制作年度も左から順に古い。

ヒラギノ角ゴは W7、つまりweight(フォントの太さ)が少しだけ大きいので一応見分けがつくが、おなじフォントの太さ(W6など)になると難易度UP。

右二つを見分けるときは句読点の「。」の大きさで見分けているらしい。(もちろん「。」もフォントの一部)。

もはや画像では見分けがつかないが、どちらかのフォントは確かに「。」が微妙に大きかった。比較できそうな違いはそれだけ…

人間でさえ相対的な句読点の大きさで見分けをしているのであれば、我々のCNNのモデルはちゃんと識別できるのだろうか心配になってきた。データセットの解像度の良さが識別の明暗を分けるのではと思い始めたり…

 

かるた大会の結果

自分がゲットできたのは二枚だけ。。。「ふい字」とあともう一つ忘れた…(偶然ゲットできた)。

一番多くカルタを取った人は一人で27枚掻っ攫っていったのだった。識別スピードと腕の速さが尋常じゃなかった。にんげんすごい。深層学習で人間っぽく識別する学習モデルを作っていると、人間の汎化的な学習能力と認知性能の高さにいつも改めて感心する。あとは知覚(目)とアクション(腕)のハードウェア性能の高さ。そりゃあ●千万円で”人工知能”開発に着手するよりも、安い人間のアルバイトさんを雇ったほうがコスパ良いってもんですよ。

カルタの方は大丈夫。「ゴシック殺すマン」が自分の代わりにリベンジしてくれる(ハズ)だから…

 

かるた作成者の方(プロの方々)からフォントのあれこれについていろいろと教えていただいたのはすごく勉強になった。狂気のこだわりの世界めっちゃ好きだ。そしてマイナー趣味な人達の意気投合するスピードの速さよ。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

 

「印刷博物館」の中の人による「フォントかるた大会」の振り返りツイート

Pocket

Previous Post

Next Post