ysdyt.net

Writing About What I Was Impressed

大人になってから行く養鶏場って、めっちゃおもしろいって知ってた? – 島根の暮らしを体験する2日間 その① 宇田川養鶏さん

2013/09/13 ysdyt 0 Comments

Pocket

9/7,8日 の2日間で「島根の暮らしと仕事を体験する2日間」という企画に参加してきました。奥出雲町役場の宍戸さん、飯南町役場の烏田さん、出雲市鵜鷺(うさぎ)地区の清水さん、”つむぎや”の友廣さんがメインに企画され、奥出雲・飯南・鵜鷺地区をそれぞれ案内していただき、その地域に根ざして暮らす人達の姿に触れるという内容です。養鶏農家や漁師・猟師・農家レストランなど普通には見学できないところばかりを回るというレアな島根旅です。

3つのコースのうち、どれか1つだけを選んで回れるという悩ましい選択。3つとも最高に面白そうだったのですごく迷ったのですが自分は宍戸さんプロデュースの「奥出雲コース」を選びました。最初は宇田川(うだがわ)養鶏さんを訪問。

さっそくの想像を超える鶏の数。 ちょっと怖い。

宇田川養鶏さんでは一般的なタワー型の積み上げられたケージに一羽づつ鶏を飼う方法ではなく、写真のような「平飼い養鶏」をされています。その数なんと6000羽。それを7人ほどで管理されている。なんだかギュウギュウな気もするけど、1坪に対して12羽の鶏を飼うようにしているそうで、割りと走り回ったりもできる。長年の平飼い経験から出された比率でしょうか。

一回り大きくて白いのが雄。茶色が雌。
卵を生むのはもちろん雌ですが、雄を一緒の敷地で飼うことで雌は安心して卵を生むらしいです。なにその仕組み面白い。
だいたい雌20羽に対して雄1羽の割合で飼うといい感じだそうです。生物学的にも、同じ敷地で同性だけを集めるとホモセクシャルが増えたり、過剰なストレスの原因になるんですが鶏もそんな感じなのか。妙に納得。

鶏は狭くて暗い場所で卵を生みやすいらしく、だいたい決まった場所で卵を生んでくれる。(そのへんで生む奴もいるそうですが。)スペースの端っこに産卵用のスペースがあり、だいたいそこに朝方に卵を生むそうです。

産卵中にすみませぬ

卵を回収する作業を手伝わせて貰ったのですが、産みたてなのかまだ暖かいものもある。生卵が暖かいというなんだか不思議な気持ち。

そういえば、鶏様は「わが子」である卵を人間に取られてなぜ怒らないのだろう。鶏の足って実は恐竜みたいなスゴい足で、反撃されてひっかかれたらかなりヤバイと思うのだ。
宇田川さん曰く、卵用に育てる鶏は「育児放棄?する鶏」を何代も掛けあわせてある品種なのだそうだ。卵を産んでも暖めない鶏。「鶏は人間のために卵を産んでくれている」とはさすがに考えてなかったけど、まさかそういう品種の鶏だったなんて知らなかった。眼から鱗。

写真の方が宇田川さん。すごく若い方です。当たり前ですが鶏の知識がすごい。質問したことに全部答えてもらいました。鶏の生態興味深い。

リアル「羽毛」にもタッチさせてもらいました。想像以上のもふもふフワフワ感。そして素人目にもわかるくらいすごく毛並みが良い。このへんにも平飼いの「品格の違い」がでているのでしょうか。

半端ない量の卵…これを7人ほどで毎日1,2時間かけて回収されるそうです。祝日・お正月関係なく毎日。鶏様お正月くらい産卵休んであげてよ….

ひよこタワーも見せていただきました。これスゴいよ…

ぴよぴよ音が半端じゃない。かわいさも半端じゃない。

ひよこは業者さんから1匹いくら、で買ってくるそうです(しかも雄はタダ)
一匹一匹ワクチンを打ち、順調に育てば4ヶ月ほどで卵を生むそうです。卵を生むのは生後1年半ほどまでらしいので、実質の産卵期間は1年ほど。1年半を超えて採卵期間を超えた鶏は「廃鶏(はいけい)」と呼ばれ、鶏舎から出されます。(1年以上採卵を続けた後の廃鶏の肉は、硬くて正肉利用には適さないためその後「鶏肉」になることはあまりないそうです)。鶏の寿命自体は10年ほどらしく、一番死亡率が高いひよこの最初の百数十日を生き残るとほとんど死ぬことはなくすくすく育つそうです。

この養鶏場で取れる卵は、スーパーで売られる一般的な卵より黄身の色が「薄い」。
全然知らなかったのですが、黄身の色はある程度「調節」できるそうで、例えば、パプリカの粉末を餌に混ぜると卵の黄身はオレンジ色になるらしい。着色料と違って天然物なので害はないそうですが、 宣材写真でよく見る蘭蘭としたオレンジ色の卵は、パプリカのような「色子(いろこ)」によって「演出されたもの」らしいです。へええ。
環境のストレスも卵に影響するらしく、鶏がストレスを受けると卵の殻が薄くなる・小玉になる・退色する、そして最終的に産卵しなくなるそう。

 

「養鶏って本当に大変ですね、7人で6000羽を管理するなんて」と話していたら、実は7人もいれば倍以上の鶏を管理できるそうです。しかも平飼い方式ではなく、ケージのタワー型にすればよりたくさんの鶏をもっと楽に管理でき、もっとたくさんの卵を得ることができる。ちなみにケージタイプのものはこんな感じです↓(googleより)

一消費者の、本当に身勝手な感想になってしまうのだけれど、ケージ型は「かわいそう」で、平飼いは「幸せそうだね」と思ってしまう。そしてこういうところが生産者と消費者の溝になっていると思う。自分を含めた消費者は、生産者の苦労が微塵もわからない。

生産者さんはおもしろい話を知っています。
宇田川養鶏さんでは、同じ鶏舎では「同級生」の鶏だけを飼われているらしい。そういう工夫の意味を消費者は知らない。
鶏の喧嘩は「雄・雌」で過激さが違うらしい。雄同士は殺すまでは喧嘩しない、でも雌は殺すまで喧嘩することがあるらしい。 なんだか意味深で面白い。でもそんな面白い話をいままで聞いたこともなかった。 

生産者さんはかっこいいストーリーやこだわりを持っています。
宇田川さんは卵の味や鶏の飼育環境を重視して、効率と楽さを選ばなかった。
実際に眼にして、生産者の方に話を聞いて、とことん質問をしてようやく理解できることはやっぱりある。生産者と消費者の溝を埋めるこのような旅の価値はすごく高いと感じた。養鶏場とかって、子どもの時には一度は見学したりしているけど、大人になってから来ると見えるものも感じることも全然違っているのですごく面白い。大人こそ「生産者巡り」をしてみるべきだと思う。そして今、人生で一番卵かけごはんが食べたい欲求に駆られているのであった。
(宇田川さん、たくさんのおもしろいお話ありがとうございました!)

宇田川養鶏 – 島根県養鶏協会

Pocket

Previous Post

Next Post