ysdyt.net

Aiming at the boundary between digital and analog

MFF webページ公開しました!

2012/04/04 ysdyt 0 Comments

Pocket

この度、Matsue Fashion Festa (MFF) の公式ブログをオープンしました !!!(パチパチパチ〜)

(↑現在は公開を一時ストップしています)

 

facebookでのファンページ は不特定多数の方が見られるので、少し固めにしていますが、こちらのブログではぶっちゃけトークなども交えながら砕けた感じで情報発信していきたいと思っています。

「ブログを公開する目的」は次の2つです。

    1. どのようにイベントを進めていっているのか進捗を共有
    2. この先、何らかのイベントを企画したい熱い学生の参考となる一つの失敗談/経験談として記録を残すため 

 

 

このイベントではたくさんの小売店さんに協賛して頂いています。

「協賛」とは資金的な援助や衣装の貸し出しをして頂いていることは元より、”店舗の名前” を貸して頂いていることに他なりません。自分たちが学生気分でしょうもないイベントをすると、協賛して頂いた店舗名に泥を塗ることになります。そこで、「真面目に活動しています」 「ここまで進んでいます」「メンバーのイベントに対する想い」などをブログという形でパブリックな場に公開することで、この実績のないイベントの信用を少しでも上げれたらいいなと思います。

そしてもう一つ、

このイベントを通して島根の学生にやる気や希望を伝えたいと思っています。「やる気や希望を伝える」とは偉そうな目標ですが、簡単に言うと「島根でも、学生でも、面白い事ができるんだ」ということを伝える、ということです。

島根大学に入学してくる学生は「第一希望で来たわけではない」という人が非常に沢山います。そのまま島根に愛着を持つことが出来ず、卒業し、就職先の他県で「島根には何もなかった」という話をします。それはそれで良いのかもしれませんが、せっかくの4年間が空虚なものになるのは必至です。

このMFFイベントは、メンバー代表が夜中1時の研究室で「こういうイベントやってみたい!」という一言から始まりました。服飾の専門知識があるわけでもなく、人脈も全くなく、しかも島根県地元民ですらありません。正真正銘”ゼロ”から始まった企画でしたが、アイデアに共感してくれる学生メンバーや、島根を盛り上げるためなら、と多くの社会人の方が協力してくださり何とか形になりそうです。逆に、都市部ではこういったイベントはすでに何回も行われ、素人一学生では企画できないと思います。”島根だからこそ”できることが実はたくさんあります。

このイベントを通して、「普通の学生でも面白いことができる」「島根でも面白いことができる」という思いを広げたいです。

そして、その一例としてこのブログに記録を残し、これを読んだ学生がインスパイアされ、新たな企画を立ち上げてくれればすごく嬉しいです!:)

宜しくお願いします!

Pocket

Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *